セキュリティ

セキュリティ強化、ITコンプライアンス確立、リスク回避で心もセキュアに

鍵の種類から鍵の掛け方まで

多くの多国籍企業様ではすでに本社で定められたグローバルセキュリティが存在しているかとおもいます。 しかし多くの場合、正しく国内のユーザ様に伝わっていなかったり、また風土に合わないものがあります。

私たちイソリアは国内ユーザ様にとっての目となり、耳となり、グローバルセキュリティルールを正しく皆様にお伝えし、ご希望を正しく本社側にお伝えいたします。 監査などの詳しいセキュリティ知識が求められるシーンでは皆様の代わりにお話しをさせていただき、円滑にプロジェクトを進めるお手伝いをさせていただきます。

また、これからセキュリティールールを制定される企業様でも新規セキュリティルールの構築、査定をお手伝いさせていただきます。

セキュリティの査定

イソリアは様々な業種の企業様にてセキュリティルールを遵守してきた経験から、 包括的なセキュリティから日次単位まで、様々なセキュリティの査定をお手伝いさせていただきます。

イソリア流 システム護身術

イソリアのセキュリティサポートプログラムについてご紹介いたします。

セキュリティ査定

  1. 初期調査
  2. 既存セキュリティの確認
  3. 実用性の調査
  4. 脆弱性分析
  5. 脅威の明確化
  6. セキュリティ査定・提案
  7. 災害リスクの軽減
  • セキュリティ管理 - グローバルポリシー遵守、手順、役割や責任、方針や変更履歴管理などの包括的なセキュリティ管理。
  • 物理的なセキュリティ - オフィスや機密エリアへの物理的なアクセスをALSOKやSECOMと連携して管理。また、立地の査定。
  • ネットワークセキュリティ - ネットワーク機器の品質、脆弱性の検査、ファイヤーウォールやプロキシーの導入、通信の暗号化や悪意のある外部攻撃からの防衛。
  • ハードウェアセキュリティ - 機器の改ざん防止、盗難時の遠隔消去などの対策。IT資産移動履歴の管理。
  • ソフトウェアセキュリティ - 導入ソフトの評価、ウィルス対策ソフト査定。有料のライセンスソフトウェアの管理。データベース最適化。
  • メディアセキュリティ - CD, DVD, USB, SD Cardなどからの侵入防止、紙媒体でのドキュメント化など。
  • ワークステーションセキュリティ - OSの暗号・イメージ化、データ復旧簡易化、OSパスワード管理強化など。
  • 災害復旧、BCP - 災害時のシステムの冗長化、遠隔サイトからのデータ復旧化、日々のメンテナンスと訓練など。
  • セキュリティシステム - 既存システムの脆弱性査定、パスワード共有リスク防止、ハードディスク暗号化、Vaultシステムなど。

DR/BCP - 日本の災害リスク

日本では近年、地震や火山の噴火などの災害リスクが高まっております。 今後はより強固な_災害復旧プログラム_を導入していく必要があります。 イソリアでは下記のようなDR(ディザスターリカバリー 災害復旧)/BCP(事業継続計画)対策をご提案しております。

  1. 災害時に継続必須となる、コアなビジネスを明確化します。
  2. コアビジネスを継続するために必要最低限のシステム(ネットワーク・サーバ・ オフィススペース、機材やPCなど) を特定します。
  3. 業務継続のための災害時用サイトやクラウドシステムなど、構築費用やサービス内容などをベンダーと協議します。
  4. 災害時のトレーニングをユーザの皆様に実施し、緊急時に対応可能な状態にします。
  5. 定期的に防災訓練を実施し、ユーザの皆様の災害時の対策意識をキープします。
  6. 災害サイトやシステムを定期的にチェックし、緊急時に対応可能かメインテナンスします。

残念ながら地震、津波、台風や火山などの脅威から完全に逃げるすべはございません。 ただその対策をすることにより、各々の企業様の利益を損なわず、被害を最小限に抑えることは可能です。

今こそイソリアにご連絡を!下部フォームから入力し、セキュリティ対策を始めましょう!

ギャラリー

お問い合わせ

下記フォームにご記入いただき「送信」ボタンをクリックしてください。ご要望について、メッセージ欄にご自由にご記入の上、チェックボックスも併せてお選びください。