データーセンター刷新及びUPSアップグレード

外資系弁護士事務所にて

プロジェクトのバックグランド

東京データセンターにて、プロジェクト管理とエンジニアリングを実施し、APC Symmetraを最新型LXモデルへのアップグレード。

システムのダウンダイムを最小限に抑える必要があった中ではあるが40時間の作業期間を得て、耐震工事、不要な配線や機器の撤退を行い、拡張性を確保をした。

狭い空間の中、設置、エンジニアリング、電気、大工、配線関連など、様々な業者が関わって、複雑且つ長いプロジェクトであった。

パラメーター
チーム プロジェクトマネージャー x 2, コンサルタント x 2, エンジニア x 10, 工事関連 x 20, キーユーザ x 2
ユーザー 100人
期間 24ヶ月
工数 400人月
サイト 東京、ニューヨーク

問題点

  • メーカー保守がされない、エンドオブライフのUPS機器
  • 耐震化が施されていない
  • メンテナンススペースの関係上、稼働していないケーブルや機器が設置されている
  • ラックに新規機器を設置するスペースがない
  • ケーブル類のラベルがされていない、または間違っている

ソリューション

  • 電源遮断状態で2時間稼働することができる、APC Symmetra LXの導入
  • 設置されている機器やラックを一旦退避し、耐震化をする
  • 古い不要になっている機器や配線を撤去
  • トラブルシューティングが出来るように、再配線と新たなラベリングを行う

ベネフィット

  • データセンターの地震対策を強めた
  • ラックの中や周りに場所を確保した
  • パッチケーブルやその他ケーブルのラベリングにより、トラブルシューティングを容易にした
  • 最新APCのUPS技術によるパワープロテクション

導入技術概要

  • APC Symmetra LX 8KVa UPS
  • APC システム ラック

お問い合わせ

下記フォームにご記入いただき「送信」ボタンをクリックしてください。ご要望について、メッセージ欄にご自由にご記入の上、チェックボックスも併せてお選びください。