ERP展開プロジェクト

オプティカル メーカーにて

プロジェクトのバックグランド

ERPプロジェクト管理の提供、全フェーズに関わり成功へと導きました。

日本の本社(HQ)、受注センター、3PL流通センターとアメリカのデータセンター間のシステムの展開である。今回のプロジェクトには、多岐にわたるITやビジネス部門の専門知識、多言語・多文化の知識を要し、大変複雑な状況にあった。

パラメーター
チーム プロジェクトマネージャー 1名、コンサルタント 6名、エンジニア 2名、開発担当者4名、ビジネス側キーユーザ6名
ユーザー 100人
期間 24ヶ月
工数 400人月
サイト 東京, ニューヨーク, カリフォーニア

問題点

  • 在庫レベルが高すぎる
  • 非効率的な流通配分
  • 日本とアメリカ間の人脈が弱く、プロセスも非標準的
  • レガシーシステムを考慮し、SOX負担が大きい
  • 不十分なサプライチェーン・マネジメント制度
  • 柔軟性がなく、且つ不透明なレポート
  • 文書化されていない、不透明なAS/400Legacyシステム

ソリューション

  • 会社標準のBaan ERPを導入する
  • 会社標準、ベストプラクティスを導入する
  • 新しいユーザーが標準的処理方法を学習、実習する際に支援する、アドバイザー “バディ・システム”を導入

ベネフィット

  • ERPと新3PLにより在庫レベルを減らす
  • レポートに「透明性」を持たせる
  • 標準的でセキュアーなSOXに準拠したプロセス
  • アメリカと日本のコミュニケーションの向上
  • システムの柔軟性と拡張性の改善

導入技術概要

  • Baan ERP
  • Windows Server for Datacenterが搭載されたUnisysサーバや、EMCのハードウェア
  • Microsoft SQL Server
  • ビジネスオブジェクト、クリスタルレポート
  • TIEとArgo21によるEDI

お問い合わせ

下記フォームにご記入いただき「送信」ボタンをクリックしてください。ご要望について、メッセージ欄にご自由にご記入の上、チェックボックスも併せてお選びください。